博多区バドミントン協会規約

 

1章総則

【規約の適用】

1条 この規約は、博多区バドミントン協会としての自主活動に賛同し、所属会員として登録された全員に適用する。

【名称】

  1. この会は、博多区バドミントン協会(以下「会」という。)外国に対してはThe Hakataku Badminton Association(略称H.B.A)という。

 

【事務所】

  1. 本会は、事務所を協会が定める住所に置く。

 

【組織】

  1. 本会は博多区に所在または居住する学校、各種団体または個人のバドミントン愛好者によって組織する。

  1. 目的及び事業

【目的】

  1. 本会は、博多区におけるバドミントン活動の推進及びその健全な普及発展を図ることを目的とする。

【事業】

  1. 本会は、前条の目的を達成するために下記の事業を行なう。
       (1)福岡県・福岡市バドミントン協会の活動に関する支援。
       (2)博多区バドミントン大会開催。
       (3)博多区バドミントン協会に関わる各サークルの競技力の強化支援。
       (4)その他、この会の目的達成に必要な事項。

  1. 加盟団体及び会員登録

【加盟団体】

  1. 博多区内にて組織されたバドミントン競技団体で、本会の趣旨に賛同するもので協議会において協会役員現在数の3分の2以上の賛同を得て、加盟団体となることができる。
       

【脱退・除名】

  1. 本会の加盟団体または個人で、次の各号のいずれかに該当するときは、協会の決議を経て、会長がこれを脱会・除名することができる。
    (1)
    本会の加盟団体としての義務に違反したとき。
    (2)
    本会の名誉を傷つけ、又は本会の目的に違反する行為のあったとき。


【会員登録】

  1. 第6条に定める加盟団体は、その所属会員を本会に登録しなければならない。

  2. 登録に関し必要な事項は別に定める。

第4章 運営機関

【役員及び理事の構成とその任務】

  1. 本会は、下の理事をおき、その任務を行なう。なお、役員は理事を含み8名以上をおく。

役員とは、加盟団体から選出されたもので、理事とはその中から選出された

会長・会計・監査を言う。

(1)会長.1名・・・・会員の総意を代表し、福岡県・福岡市バドミントン協会、公的・対外的に関与する事項及び自主運営の主幹として、加盟団体相互の親睦等を任務とする。

(2)会計.1名・・・・協会運営の経費に関する全てのまとめを主な任務とする。

(3)監査.1名・・・・年1回の会計監査を主な任務とする。ただし、会長指示等により

特別監査を臨時的に実施することもある。

(4)役員.数名・・・・理事の補佐等、協会運営のずべてに関わる事項。

【理事の選出】

  1. 本会の理事は、次の各号により選出する。

(1)会長・会計・監査役は、立候補制を原則とし、立候補のない場合にのみ役員相互

の推薦により候補者を立てる。
(2)
立候補者がその理事について1名の場合は、自動的に立候補者がその理事に選出

され、複数の場合は、役員の多数決により1名を選出する。

(3)推薦候補の場合は本人の候補承諾を第一条件とし、候補者が単数及び複数のとき

には、立候補の場合と同様とする。

(4)推薦候補で本人の承諾がない場合は、役員相互(無記名投票)により、その理事

を選出し、互選で選出された者は、理事を辞退することはできない。

 

【理事の任期】

  1. 理事の任期は向こう2ヵ年間とし、当年6月1日より翌々年5月31日までの期間とする。ただし、再任は妨げない。

 

第5章 決議機関

【総会】

  1. 総会は、次の各号により開催する。
    (1)
    全会員で構成される最高決議機関であり、会長が招集する。ただし、理事または役員の要請により、臨時に招集することもある。        (2)総会の開催は、年1回(4月または5月)を原則とし、議題の決議は出席者の過半数を以って有効とする。               (3)総会に参加できない場合は、会長宛に委任状を提出するものとする。ただし、未出席者は、決議事項に異議を申し立てることはできない。

 

【役員会】

  1. 役員会は、次の各号により開催する。

(1)役員会は、活動の具体的な運営について討議する機関であり、必要により会長が招集する。

(2)役員会開催の際には、参考として特定の加盟団体の会員に出席を求めることができる。

(3)役員会の決定事項は、総会に次ぐ実効力を持つものとするが、役員の総意を必要とする重要事項は、総会に委ねなければならない。

 

【運用事務】

  1. 総会及び役員会は、次の各号の事務を行なう。

(1)総会

 1)事業及び決算報告

 2)事業計画及び予算

 3)規約の変更

 4)役員の選出

 5)各種団体への加盟及び脱退

 6)その他

(2)役員会

 1)競技会開催に関わる全ての運営事項

 2)その他

 

第6章 会 計

【会計年度】

  1. 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

 

【経費】

  1. 本会の運営に必要な経費は、次の収入をもってあてる。

(1)競技会等の収入

(2)その他の収入

 

【会計報告】

  1. 会長は、会計年度終了後に会計報告書を作成し、監査の意見を付し、役員会の承認を受けなければならない。

 

第7章 賞 罰

【賞罰】

  1. 本会の振興発展に貢献し、その功績が顕著な加盟団体もしくは個人に対し、役員会の承認を得て、会長がこれを表彰する。

  2. 本会の目的に違反する行為があった場合は、会長の権限もしくは役員会の決定により処理する。

 

第8章 慶 弔

【慶弔】

  1. 本会は、慶弔に関する事項が生じた場合は、会長の権限において処理し、役員会に報告するものとする。

 

第9章 雑 則

【雑則】

  1. この規約の施行に関し、必要な事項は会長が定める。

 

付則

 この規約は2009年6月1日より実施する。